屋根塗装

屋根塗装

屋根塗装

屋根塗装

一番痛みやすい屋根のリフォーム。
日本瓦以外の場合、ほとんどの屋根には塗り替えが必要になってきます。

適切なメンテナンスをすることで、建物の耐久性を高めます。

どのような施工をするのか、写真でご確認出来ますので、安心してお任せください。

屋根塗装

①施工前

①施工前

②高圧洗浄

②高圧洗浄

まず、屋根を塗装する前に洗浄を行います。 高圧洗浄機を使い、汚れを綺麗に洗い流します。
屋根の素地と塗料を密着させるための重要な作業です。
弊社では、時間を掛けて丁寧に洗浄しております。

③塗装作業-錆止め

③塗装作業-錆止め

屋根の先端から、雨水を伝える鉄部に錆止めを塗布します。この部分は、非常に乾きが悪いため、傷みやすいため、しっかりと錆止めを行います。

④塗装作業-下塗り

④塗装作業-下塗り

屋根の劣化状況や、使用する塗料の種類によりますが、下塗りの塗装を1回~数回行います。

⑤タスペーサーの差し込み

⑤タスペーサーの差し込み

雨漏り防止のためにタスペーサーを差し込みます。

⑥塗装作業-中塗り

⑥塗装作業-中塗り

瓦に艶があるのは、下塗りシーラーが塗られているからです。

丁寧に塗装します。

⑦塗装作業-上塗り

⑦塗装作業-上塗り

仕上げ塗装になります。

一般の塗装では、下塗りの他、上塗りを2回行うことにより膜厚を確保し、より強靱な塗膜を形成します。

⑧施工後

⑧施工後
屋根塗装 施工事例はこちら